オハグロベラ

オハグロベラ

▪No.453;神奈川県真鶴 手網 撮影日:2018/07/28 撮影者:maeda

学名Pteragogus aurigarius (Richardson, 1845)
英名
別名
分布津軽海峡~九州,房総半島~九州.朝鮮半島,台湾,中国.

 

形態・生態


体はレモン形で他のベラ科と比較するとやや体高がある。雄は色が黒っぽく背鰭第1~3棘の鰭膜はやや伸長する。腹部には黒色点が数個並ぶ。浅海の藻場・岩礁域に生息する。

 

 

利用・食味


釣りの外道として釣れるものの見た目のせいかほとんど利用されていない。味はよく煮付けや刺身などで食べると美味しい。

 

 

No.454; 神奈川県三崎港 釣り 撮影日:2018/10/22 撮影者:maeda

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2018 All Rights Reserved.