ハタハタ

ハタハタ

学名Arctoscopus japonicus (Steindachner, 1881)
英名Sailfin sandfish
別名カミナリウオ
分布日本海,北日本の太平洋側,千島.

 

形態・生態


体側は銀色で背側には茶色い斑模様がある。胸鰭は大きく、臀鰭基底は長い。口は上を向く。水深100~400mの砂泥底に生息する。11~1月に浅瀬で産卵する。「カミナリウオ」とも呼ばれる。

 

 

利用・食味


底引き網などで漁獲される。現在では、どこで売られていても珍しくない魚になり、値段は普通。旨味が強く刺身、鍋物、飯すしなどで食べられている。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.