キンメダマシ

キンメダマシ

築地市場 2017/11/21

学名Centroberyx druzhinini (Busakhin, 1981)
英名
別名
分布八丈島,小笠原諸島,神奈川県,三重県,土佐湾,琉球列島.トンキン湾,スル海,西インド洋.

 

形態・生態


体は赤色~茜色で、やや体高がある。背鰭棘数は5~7とキンメダイ属の魚たちより多い(キンメダイ属の背鰭棘数は4)。水深100~300mの岩礁に生息する。

 

 

利用・食味


釣りなどで稀に漁獲される。値段は高い。キンメダマシなどという不名誉な和名を付けられているが、旨味が強くかなりの美味で、刺身や煮付けで食べると旨い。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.