シビレエイ


学名Narke japonica (Temminck and Schlegel, 1850)
英名Electric ray
別名エレエイ(神奈川県 平塚市)
分布若狭湾~九州南岸の太平洋・東シナ海沿岸,福島~九州南岸の太平洋沿岸.朝鮮半島,台湾,中国.

 

形態・生態


体は茶色~黒色で、ぶるんぶるんとしていて柔らかい。目と口は小さい。115mまでの砂底に生息する。体盤に発電器(50~60V)があり、防御や捕食の際に使われているといわれている。

 

 

利用・食味


定置網や底引き網などで時々漁獲されるが、食用にはならない。身の味はよく、煮付けにすると旨い。発電器は酸味があるというか、なんだか不思議な風味がある。発光器は生のままだと歯ごたえがあるが、加熱するとドロドロになる。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.