サケガシラ

▪No.450;北陸 撮影日:2018/01/30 撮影者:maeda

学名Trachipterus ishikawae Jordan and Snyder, 1901
英名King of salmon,Lowsail ribbonfish
別名
分布北海道~土佐湾の太平洋沿岸、日本海

 

形態・生態


臀鰭はなく背鰭と尾鰭は赤い。顎は著しく突出する。体全体は銀粉のようなもので覆われていて、地肌は瘤状の突起物で被われている。この銀粉のようなものは剥がれやすく、鮮度の良いものほど光沢が強い。時折、リュウグウノツカイと間違えられるが、本種は腹鰭が非常に小さく背鰭前部は伸長しないことから区別することができる。主に沖合で暮らしているが、稀に沿岸に漂着したり定置網などに入る。アカマンボウ目の中では比較的よく見られる種。

 

 

利用・食味


大きな魚だが水っぽく味がそこまでよくないので、あまり食用にされていない。一番まともな調理法は揚げ物で、揚げたてのうちは水分がジューシーさを演出していてなかなかイケる。刺身は水っぽくあまり美味しくない。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.