ウチワフグ


学名Triodon macropterus
英名
別名
分布富山湾,福島県,対馬,南日本.台湾,インド‐西太平洋.

 

形態・生態


歯はクチバシのよう。体は一様に黄色く、腹部には白く縁取られた黒班がある。腹部の膜状部は大きく和名の由来になっている。生息水深は50~300mと、フグ科の中では珍しく深海にも生息する。定置網、底引き網、釣りなどで稀に漁獲されるが、普通食用にされない。肝心な毒の有無は不明。食べないのが無難。ウチワフグ科の魚は全世界で1種のみ。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.