エゾイソアイナメ


学名Physiculus maximowiczi
英名Brown hakeling
別名どんこ
分布北海道以南の日本各地.

 

形態・生態


チゴダラによく似ており、正直見た目で区別できない。『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』によれば、エゾイソアイナメは水深数10m以浅に生息するのに対して、チゴダラは水深150~650mに生息するとされている(2種を同一種とする見解もある)。夜行性で砂泥底に生息する。

 

 

利用・食味


釣りなどで漁獲され食用になるが、関東などではメジャーではない。身がフワフワしていて甘く、天ぷら、唐揚げ、鮮度の良いものは刺身が旨い。他にも干物や鍋ものにする。冬が旬。

Copyright© フィッシュズカン , 2018 All Rights Reserved.