タイワンカマス


学名Sphyraena obtusata Cuvier, 1829
英名
別名
分布相模湾以南の太平洋沿岸.台湾,香港,インド-西太平洋.

 

形態・生態


腹鰭起部は第一背鰭起部よりも前で、主鰓蓋骨後縁は尖らない。イブリカマスによく似るが、タイワンカマスの側線上方横列鱗数は5~7.5であることから区別することができる(イブリカマスは8.5~9.5)。沿岸の浅海に生息する。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2018 All Rights Reserved.