チカメキントキ

チカメキントキ

相模湾 2016/05/23

学名Cookeolus japonicus (Cuvier, 1829)
英名Bulleye
別名キントキ、キントキダイ、ゴッソリ(神奈川県平塚市)
分布北海道以南の日本各地,東シナ海.韓国,台湾,インド-大西洋.

 

形態・生態


キンメダイ目っぽい見た目をしているがスズキ目の魚。体は一様に赤く、腹鰭の鰭膜は黒い。鱗は小さく超剥がれにくい。水深80~340mに生息する。流通の際には単に「キントキダイ」。かつて大量に獲れたことから神奈川県平塚市では「ゴッソリ」とも呼ばれている。

 

 

利用・食味


釣りや底引き網、定置網で漁獲される。値段は安めで、身は旨味に欠ける。刺身、煮付けなどで食べられている。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.