スズキ

 
  2020/10/30

▪神奈川県茅ヶ崎市 釣り 撮影者:maeda 撮影日:2018/12/28

学名Lateolabrax japonicus (Cuvier, 1828)
英名Japanese seabass
別名マルスズキ
分布琉球列島を除く日本各地.朝鮮半島.

 

形態・生態


体高は低く尾柄は細長い。体は一様に銀色で黒色斑がないが、小さい個体では鱗かそれより小さいな黒斑がでることがある。背鰭軟条数は通常12~14。岩礁域から内湾、汽水域、淡水域で見られる。また、成長に伴って呼称が変わる出世魚でもある。

 

 

利用・食味


定置網や釣りで漁獲され、ルアーフィッシングの対象魚としても人気である。味が良く刺身でも加熱しても美味しい。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2019 All Rights Reserved.