ネズミゴチ


学名Repomucenus curvicornis
英名
別名メゴチ、ノドクサリ
分布北海道以南の日本海・太平洋沿岸,東シナ海沿岸,屋久島.朝鮮半島,中国,台湾.

 

形態・生態


体は細長く、縦扁する。前鰓蓋骨棘は短く、上縁に2~4本の棘がある。雄雌ともに第1背鰭に伸長した鰭棘はない。雌と未成魚は第1背鰭に白く縁取られた黒班がある。産卵期は春と秋。浅場の砂底に生息。別名 メゴチ、内臓が腐りやすいことからノドクサリとも呼ぶ(メゴチのほうが通りがよい)

 

 

利用・食味


投げ釣りの外道でよく釣れる魚で、天ぷらや刺身で食べる。特に天ぷらは美味で、天ぷら専用の開いたものが冷凍で売られている程だ。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.