オオスジイシモチ


学名Ostorhinchus doederleini
英名
別名
分布茨城県~屋久島の太平洋沿岸,島根県~九州の日本海沿岸,琉球列島.朝鮮半島,台湾,フィリピン,オーストラリア.

 

形態・生態


尾柄部には黒円班がある。また、この写真の個体は薄れていまっているが、4本の縦帯があり(背鰭基底のはカウントしない)第3縦帯は黒円斑に達しない。沿岸の岩礁に生息。生時はもっともっと奇麗なので近いうちに新しいのを撮ってきます。。。

 

 

利用・食味


昼夜問わず釣れる外道で、少し深い所でも釣れる。まとまって獲れることはないので食用にされていない。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.