シロカサゴ


学名Setarches guentheri
英名Fuji smooth scorpionfish
別名アカカサゴ
分布茨城県〜宮崎県の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚斜面上部域、九州ーパラオ海嶺

西インド洋・西ー中央太平洋・西大西洋

 

形態・生態


体は白というより赤く、肛門から胸鰭基底にかけて太い黒線が走る。鱗が小さいため、体側面は滑らかな肌触だ。背鰭棘に毒があり、刺されると少し痛む。

また、よく似たアカカサゴとは前鰓蓋骨の第二棘が上下の棘と同じか少し短いことで見分けられる(アカカサゴは前鰓蓋骨の第二棘が上下の棘より著しく短いか痕跡的)150~1000mに生息。

 

 

利用・食味


アカカサゴと同じく底引き網で様々なサイズが少量漁獲され、アカカサゴと区別されない(静岡では両種をまとめてアカカサゴ、愛知ではシロカサゴと呼んでいる)値段はやや安く、産地で消費されている。主な産地は静岡、愛知。やや水っぽく旨味にかけるが、汁物にするといい出汁が出て旨い。刺身、煮付け、干物、唐揚げで食べる。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.