ホシササノハベラ


学名Pseudolabrus sieboldi
英名
別名ダイナンベラ、イソベラ
分布津軽海峡〜九州西岸の日本海・東シナ海沿岸,千葉県〜九州南岸の太平洋沿岸,屋久島,八丈島.

済州島,台湾.

 

形態・生態


従来「ササノハベラ」と呼ばれていたものがホシササノハベラとアカササノハベラの2種に分かれた。アカササノハベラに似るが、本種は眼の下を通る暗色線が胸鰭基部に達しない(アカササノハベラは達する)色は赤茶色から青っぽいものまで様々。また、背側には白色点が散在する。浅場~やや深場、岩礁や砂底に点在する岩に生息。深場のものは赤みが強い。甲殻類、多毛類などを食べる。

 

 

利用・食味


釣りの外道でよく釣れる魚で、リリースする人が多い。ぬめりが多く身が柔らかいため、少し捌きにくい。刺身が一番美味で、脂っけはないものの、弾力のある歯応えと強い旨味が特徴。また、無難に煮付けにしてもいい味が出るのだが、加熱するとやや身が緩くなってしまう。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.