アカササノハベラ

アカササノハベラ

学名Pseudolabrus eoethinus
英名Red naped wrasse
別名だいなんべら、いそべら、あかべら
分布福井県以南の各地の日本海沿岸,千葉県~九州の太平洋沿岸,沖縄.台湾,中国.

 

形態・生態


従来の「ササノハベラ」と呼ばれていたものが、アカササノハベラとホシササノハベラの2種に分かれた。ホシササノハベラとよく似るが、本種は眼の下を通る暗色線が胸鰭基部へ達する(ホシササノハベラは達しない)体は赤~薄紅色、黄色っぽいものもいる。岩礁域、砂底に点在する岩などに生息。やや深いところにもいる。ホシササノハベラと共に「ダイナンベラ」とも呼ばれる。

 

 

利用・食味


釣りの外道でよく釣れるもの。リリースする人が多いが、味はとても良い。脂こそノっていないものの、身に旨味が詰まっていて、刺身にすると噛んだ瞬間から旨味が広がる。また、唐揚げにする際、鱗を付けたまま揚げるとより美味しい。

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.