ユメカサゴ

ユメカサゴ

神奈川県茅ケ崎沖 撮影日:2015/12/09

学名Helicolenus hilgendorfi (Steindachner and Döderlein, 1884)
英名Hilgendorf saucord
別名ノドグロ、オキカサゴ
分布青森県〜薩摩半島の太平洋沿岸,秋田県〜九州北西岸の日本海沿岸,東シナ海大陸棚辺縁域.済州島,台湾.

 

形態・生態


体側には赤色帯があるものや鰓蓋部に黒班があるものがいる。背鰭棘は12。胸鰭腋部に皮弁がある。水深130~980mに生息する。

 

 

利用・食味


底引き網、アカムツやオオメハタ釣りの外道で漁獲され、沼津ではごく普通に食用とされている。沼津では単に「カサゴ」と呼ぶ。値段は少し高い。脂のノリがよく煮付け、唐揚げ、寿司が美味しい。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.