エゾメバル

エゾメバル

北海道産 撮影日:2018/02/03

学名Sebastes taczanowskii (Steindachner, 1880)
英名White-edged rockfish
別名ガヤ、ガヤメバル
分布北日本沿岸

 

形態・生態


体は褐色や赤銅色。下顎には鱗がない。ヤナギノマイに似るが、本種は尾鰭後縁が白いことから区別することができる。岸近~水深100m前後に生息する。稀に汽水域にも出現。

 

 

利用・食味


定置網、釣り、刺し網などで漁獲され食用になる。普通に見られる魚で値段は安い。唐揚げ、煮付けなどで食べられている。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2018 All Rights Reserved.