カゴシマニギス


学名Argentina kagoshimae Jordan and Snyder, 1902
英名
別名
分布房総半島沖,駿河湾~九州の太平洋沿岸,兵庫県~九州の日本海・東シナ海沿岸.台湾.

 

形態・生態


上顎は下顎より突出することから、他のニギス科の魚たちと区別することができる。水深100~450mに生息する。

 

 

利用・食味


底引き網などで漁獲され食用にされる。身はフワフワで甘く、唐揚げや素焼きがとても旨い。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2018 All Rights Reserved.