マツカサウオ

マツカサウオ

学名Monocentris japonica
英名pinecone fish
分布沿岸浅海の岩礁付近~水深約100m。本州中部以南、フィリピン、アフリカ東岸

 

形態・生態


体は黄色く、黒い網目模様がある。これが松笠のように見えるため、マツカサウオという名が付いた。また、体が硬いため ヨロイウオ、ヨロイダイとも呼ばれる。背鰭と腹鰭には強大な棘があるが臀鰭は軟条のみからなる。下顎は黒く、左右の下顎中央に発光器があり、そこに共生するバクテリアによって発光する。この発光は富山県魚津市の水族館で、停電になった時に偶然発見されたものらしい。

 

 

利用・食味


水族館では普通に見られる魚。市場や魚屋の生簀でも時々見られる。体は硬く、調理がやや困難だが、味が良いため食用にすることもある。丸ごと焼いたり、刺身にしたりする。

 

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.