シオイタチウオ


学名Neobythites sivicolus (Jordan and Snyder, 1901)
英名
別名
分布青森県~九州の日本海・東シナ海沿岸,福島県~九州の太平洋沿岸.朝鮮半島,台湾.

 

形態・生態


体は灰色で、淡褐色の虫くい状班がある。腹鰭は2軟条。背鰭に暗色班はない。水深60~400mに生息する。

 

利用・食味


底引き網で少量漁獲されるもので、値段はとても安い。一色漁港(愛知県)のセリ場で見かけたが、利用方法は不明。練り物の材料になると思われる。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.