イトヒキイタチウオ

イトヒキイタチウオ

駿河湾 底引き網 撮影日:2018/03/16

学名Homostolus acer Smith & Radcliffe,1913
英名
別名
分布東北地方太平洋沖,駿河湾,熊野灘,土佐湾.オーストラリア.

 

形態・生態


体は一様に寒天色で、頭は長くて大きい。糸状の胸鰭が著しく長いことから、簡単に他のアシロ科の魚と区別することができる。水深300~1000mの砂泥底に生息する。

 

 

利用・食味


底引き網でたまに漁獲されるもので、食用にはならない。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.