ツバクロエイ

学名Gymnura japonica (Temminck and Schlegel, 1850)
英名
別名
分布茨城県・新潟県~九州.朝鮮半島,中国,東シナ海,南シナ海,台湾.

 

形態・生態


体は著しく横に広い独特な形をしていることから、他のエイ類とは容易に区別がつく。尾部が極端に短いことから同じ科に属するオナガツバクロエイと区別することができる。水深108mまで生息する大型種。

 

 

利用・食味


定置網や刺し網で漁獲されるがあまり利用されていない。特別うまいわけではないが、煮付けや唐揚げで食べることができる。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.