マエソ

マエソ

静岡県沼津市 釣り 2016/10/23

学名Saurida macrolepis Tanaka, 1917
英名
別名
分布千葉県~九州の太平洋沿岸,若狭湾~九州の日本海・東シナ海沿岸.インド‐西太平洋.

 

形態・生態


体は細長く、背鰭は高い。背側は茶色で、腹側は白っぽい。ワニエソに似るが、マエソは尾鰭下葉が白いこと(ワニエソは黒い)側線鱗が46~49(ワニエソは54~56)であることなどからワニエソと区別することができる。水深100m以浅の砂底に生息し、小魚などを食べる。

 

 

利用・食味


定置網、底引き網、釣りでも漁獲される。値段は安い。練り物の原料として利用されることが多いが、煮付け、鮮度の良いものは刺身でも美味しい。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.