アカエソ


学名Synodus ulae
英名
別名
分布千葉県~屋久島の太平洋沿岸,島根県~九州の日本海・東シナ海沿岸,小笠原諸島.台湾,ハワイ.

 

形態・生態


体は褐色~赤色。体側には暗色横帯が数本あり、縦帯はない。各鰭の鰭条に黄色点が並ぶ。ミナミアカエソに似るが、本種は前鼻孔の皮弁はへら状で、背鰭は通常14(13~14)軟条、側線鱗数は60~66(ミナミアカエソは前鼻孔の皮弁は細く、背鰭は通常13軟条、側線鱗数は56~64)浅海の砂底や岩礁に生息。小魚や甲殻類を食べる。

 

 

利用・食味


定置網や釣りで漁獲されるが、あまり利用されていない。身は水っぽくて、やや緩い。アカエソ特有の臭いがあり、苦手な人は苦手。小骨が多いため、練り物にするのが無難。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.