ホタテウミヘビ


学名Ophichthus altipennis
英名
別名
分布東京湾~鹿児島県,新潟県~九州北西岸.南太平洋.

 

形態・生態


背側は黒く、腹側は白い。このカラーリングから時々、ウナギと間違えられる。前鼻管は太くて良く目立つ。尾端は硬い。背鰭は高く、和名の由来になっている。沿岸の砂泥底 水深1~40mに生息。

 

 

利用・食味


定置網、釣りの外道でたまに漁獲されるが、ウネウネした見た目のせいかリリース率ほぼ100%。太くて頑丈な骨が張り巡らされていて、調理するのは困難。しかし、味は良くやや厚みのある皮と身の風味はウナギを彷彿させる。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.