セミホウボウ

 
  2020/10/31

▪日本 撮影者:maeda 撮影日:2017/10/21

学名Dactyloptena orientalis (Cuvier, 1829)
英名Oriental flying gurnard
別名
分布青森県,新潟県~九州南岸の日本海・東シナ海沿岸,千葉県~九州南岸の太平洋沿岸,沖縄.朝鮮半島,台湾,インド-西太平洋,ハワイ諸島.

 

形態・生態


背鰭は4基あり、第一背鰭は長い。臀鰭に暗色班があることからよく似たオキセミホウボウと区別することができる。やや深場に生息し底引き網などで漁獲される。身に酸味があるが味は良いため食用になる。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2019 All Rights Reserved.