アカカサゴ


学名Setarches longimanus
英名
別名
分布福島県~九州の太平洋沿岸,東シナ海,九州‐パラオ海嶺.台湾,中国.

 

形態・生態


鮮時、体は黒みがかった赤色をしているが、時間が経つと上の画像のように色が薄くなる。背鰭棘には弱毒があるといわれている。シロカサゴによく似るが、シロカサゴの前鰓蓋骨第2棘がよく発達するのに対して、アカカサゴは前鰓蓋骨第2棘は小さいか、またはない。また、頭部背面はシロカサゴと比べるとやや凸状で、背鰭棘条部起部あたりから吻部まで滑らかに下る。水深110~1000mあたりに生息。

 

 

利用・食味


主に底引き網で漁獲されるが、地域によっては利用されない。シロカサゴとはよく似ているため、市場では区別されない。ちなみに沼津ではこの2種をまとめてアカカサゴと呼ぶが、蒲郡ではシロカサゴと呼ぶ。値段はシロカサゴと同じで、安い。身はやや水っぽく、味が薄い。皮に旨味があるので、霜造りなど皮を活かした料理にしたい。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.