ホウボウ

ホウボウ

神奈川県平塚市 撮影日:2016/05/17

学名Chelidonichthys spinosus (McClelland, 1844)
英名Bluefin searobin
別名
分布北海道日本海・太平洋沿岸、津軽海峡〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、津軽海峡〜九州南岸の太平洋沿岸、八丈島(稀)、瀬戸内海、東シナ海大陸棚域.渤海、黄海、朝鮮半島全沿岸、済州島、台湾、中国東シナ海・南シナ海沿岸、ピーター大帝湾(稀)

 

形態・生態


腹面は白く、背面は赤い。胸鰭は青と緑のド派手模様。鱗は小さく、魚体を触った感じは滑らか。水深5~615mの砂底、泥底に生息。底生性で小魚や甲殻類を食べる。産卵期は12~4月。

 

 

利用・食味


底引き網、定置網、釣りなどで漁獲される。鮮魚や活魚の他、加工品が出回ることもある。味がよく、知名度がそこそこ高いためか、値段は少し高い。刺身、唐揚げ、汁物で食べられている。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.