サツマカサゴ


学名Scorpaenopsis neglecta (Heckel, 1837)
英名
別名
分布千葉県~九州南岸の太平洋沿岸,山口県日本海沿岸,沖縄 台湾~オーストラリア,インド南東岸

 

形態・生態


体高が高く、ずんりしている。胸鰭内側の基底には黒班、外縁付近に黒線がある。頭部の棘は鋸状。水深3~30mの岩礁、砂底に生息する。

 

利用・食味


主に底引き網で漁獲されるが流通量は少ない。身は旨味に欠けるが、皮目は旨味を感じる。刺身、唐揚げにすると美味である。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.