アカギンザメ

アカギンザメ

産地不明 撮影日:2016/11/19

学名Hydrolagus mitsukurii (Jordan and Snyder, 1904)
英名
別名
分布新潟県,北海道,千葉県~土佐湾の太平洋沿岸,東シナ海.韓国,台湾,フィリピン諸島.

 

形態・生態


臀鰭はなく、尾鰭の糸状部は著しく伸びる。また、側線は波打たない。頭部には無数の穴(ロレンチーニ瓶?)があり、中はゼリー状の物質で満たされている。肝臓は大きい。鰓孔は一つ。背鰭に強大な棘がある。歯はウサギの歯のような形をしている。水深980mまで生息する。

 

 

利用・食味


底引き網で漁獲され、産地では干物などにされている。生食は独特な香りがあり旨味に欠けるが、加熱(特に煮付け)するとクセがなく食べやすい。

 

 

アカギンザメ▪水揚げ直後のアカギンザメ 駿河湾 底引き網
撮影日:2019/02/18

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.