フタスジナメハダカ

 
  2022/01/15

▪No.691;神奈川県茅ヶ崎 打ち上げ個体 撮影日:2022/01/04 撮影者:maeda

学名Lestrolepis nigroventralis Ho, Tsai and Li, 2019
英名
別名
分布青森県~房総半島,相模湾,東シナ海,南シナ海,メキシコ湾,カリブ海,バハマ諸島,南アフリカ.

 

形態・生態


体は細長く透明。腹中線に2本の発光器を持つ(生時・生鮮時は解剖せずに観察可能)。背鰭起部は腹鰭基底後端と臀鰭起部のほぼ中間にあること、臀鰭軟条数が40~45であることからハダカエソと区別することができる。水深1320m以浅に生息する。定置網で大量に漁獲されることもある。味が良く調理もしやすいが、今のところ商業価値はない。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.