オニヒゲ


学名Coelorinchus gilberti
英名Ogre grenadier
別名サイレン
分布北海道~土佐湾、九州‐パラオ海嶺 台湾、南シナ海

 

形態・生態


ソコダラ科の中では大型になる種。吻端が尖る。頭部はゴツく、その下面には鱗がなく、黒くて短い毛が生えている。鱗には小棘が並び触るとザラザラしている。発光器は肛門付近のみ。水深260~930mに生息。

 

 

利用・食味


主に底引き網で漁獲される。産地の一つ、岩手県ではサイレンと呼ばれている。主に練り物の原料にされるが、大型になるので刺身や汁物でも食べられる。旨味が強く、生でも加熱でも旨い。特に鮮度の良いものを刺身にしたのは絶品。肝も旨い。

 

―料理




刺身



なめろう風



汁物

 




頭部下面には黒い皮弁やイボがある



発光器は肛門付近のみ

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.