キュウシュウヒゲ

キュウシュウヒゲ

駿河湾 底引き網 2017/12/14

学名Coelorinchus jordani Smith and Pope, 1906
英名
別名
分布房総半島~九州の太平洋沿岸,沖縄舟状海盆.

 

形態・生態


トウジン属の中では、比較的吻が短い。ムグラヒゲに似るが、キュウシュウヒゲは胸鰭上部に大きな黒色円班がない(雄には小円班がある)。発光器は胸鰭基底前端を超える。水深143~745mに生息する。

 

 

利用・食味


底引き網、タカエビ漁などで漁獲される小型種で、基本的には廃棄される。値段はかなり安い。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.