ミナミワニギス

No.221;117.8mm SL 土佐湾 底引き網 採集日:2021/04/20 撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda

学名Champsodon longipinnis Matsubara and Amaoka, 1964
英名Longfin gaper
別名
分布愛知県,三重県,土佐湾,奄美大島,沖縄舟状海盆.韓国,フィリピン,マレーシア,ジャワ島,スンバワ島,オーストラリア.

 

形態・生態


腹部はほぼ鱗に覆われる。第一背鰭上半部は黒い(鰭膜が破けていても明瞭)。眼の上部に皮弁がある。上顎の後端は眼の後縁を越える。下顎腹面に鱗がある。大陸棚の水深250m前後まで生息する。

 

 

 

No.221;撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda
No.221;頭部 撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda
No.221;頭部背面 撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda
No.221;第一背鰭 撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda
No.221;下顎腹面 撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda
No.221;腹部1 撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda
No.221;腹部2 撮影日:2021/05/03 撮影者:maeda

 

 

 

【参考文献】

Mooi, R. D. and G. D. Johnson. 1997. Dismantling the Trachinoidei: evidence of a scorpaenoid relationship for the Champsodontidae. Ichthyol. Res., 44 (2):143-176.
 
Song HH, Maeng JK, Choon BS. 2015. First record of a gaper, Champsodon longipinnis (Perciformes: Champsodontidae) from Korea. Fish Aquat Sci, 18 (13):297–300.

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2021 All Rights Reserved.