イバラトラギス

 
  2022/02/04

No.640;土佐湾 底引き網 採集日:2021/04/20 撮影日:2021/11/26 撮影者:maeda

学名Chrionema furunoi Okamura and Yamachi, 1982
英名
別名
分布熊野灘~豊後水道の太平洋沿岸,東シナ海,九州‐パラオ海嶺.

 

形態・生態


体は細長い。上顎後端に皮弁を持たない。臀鰭は25~28軟条。側線鱗数は67~78。胸鰭に数本の暗色帯があることからオハグロイバラトラギスなど、他の日本産イバラトラギス属と区別することができる。水深200~300mに生息する。中型種。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2021 All Rights Reserved.