ヤナギムシガレイ


学名Tanakius kitaharai
英名
別名ササガレイ、ヤナギガレイ、セッタガレイ・セッツガレイ(函館)
分布北海道~九州北西岸、北海道~高知県の太平洋沿岸/朝鮮半島

 

形態・生態


体は細長い。背鰭と臀鰭の外縁は明瞭に黒くなく、眼上に鱗がある。水深100~200mの砂泥底に生息。

 

 

利用・食味


底引き網などで漁獲され、干物や煮付けにされる。身質が良く旨味が強い。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.