アヤトビウオ

 

No.300;右体側 211.2mm SL 屋久島 トビウオ漁 撮影日:2021/07/09 撮影者:maeda

学名Cypselurus poecilopterus (Valenciennes, 1846)
英名Yellowing flyingfish
別名セミトビウオ(屋久島)
分布インド-西太平洋の熱帯域.

 

形態・生態


臀鰭起部は背鰭起部よりも後方にある。背鰭軟条数は11~13。臀鰭軟条数は7~9。背鰭前鱗数は25~28。胸鰭の鰭膜は黄色を帯び、暗色斑点が多数ある。

 

 

 

No.300;右体側胸鰭内側 撮影日:2021/07/09 撮影者:maeda
No.300;右体側胸鰭内側 撮影日:2021/07/09 撮影者:maeda

 

 

【備考】

No.300;211.2mm SL,51.8mm HL,背鰭前鱗数28,D 12,A 8,GR 7+16.胸鰭の色彩と各所の計測値から同定。(2021/07/09)

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2021 All Rights Reserved.