オオスジイシモチ

No.89;静岡県沼津市西浦 釣り 撮影日:2019/07/13 撮影者:maeda

学名Ostorhinchus doederleini (Jordan and Snyder, 1901)
英名Doederlein's cardinalfish
別名
分布茨城県~屋久島の太平洋沿岸,島根県~九州の日本海沿岸,琉球列島.朝鮮半島,台湾,フィリピン,オーストラリア.

 

形態・生態


尾柄部には黒円班があり、体側に複数の縦帯を持つことからコスジイシモチに似るが、本種は体側に4本の縦帯があることが特徴。また、第3縦帯は黒円斑に達しない。沿岸の岩礁に生息する。

 

 

利用・食味


釣りや定置網で漁獲される。昼夜問わず釣れる外道で、やや深い所でも釣れる。味は良いが、食用されることは少ない。

 

 

No.90;60mm TL 宮崎県門川湾 撮影日:2020/11/03 撮影者:WHIRO

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.