アオメエソ

▪No.169;宮崎県 底引き網 撮影日:2019/02/13 撮影者:maeda

学名Chlorophthalmus albatrossis Jordan and Starks, 1904
英名Bigeyed greeneye
別名メヒカリ、トロボッチ
分布相模湾~九州の太平洋沿岸,新潟以南の各地の日本海沿岸,東シナ海.台湾、ニュージーランド.

 

形態・生態


眼は青緑に輝き、和名の由来になっている。マルアオメエソに酷似し、外見からの区別は難しい。『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』によるとアオメエソが相模湾以南に分布するのに対して、マルアオメエソは銚子以北に分布することや、体長に対する眼径や頭長で2種は識別できるとされているが、2種を同種とする研究結果もあり、今後の研究が待たれるところである。水深150~620mに生息する小型種。

 

 

利用・食味


沖底引き、小型底引き、メヒカリ漁で漁獲される。主な産地は千葉、静岡、愛知、宮崎。別名 メヒカリ、沼津ではトロボッチまたはボッチ。骨が柔らかく、唐揚げにすると身がフワフワになってとても美味しい。また、焼くと鱗がサクサクになり、これまた美味しい。他にも刺身、干物、どぶ漬けで食べる。

 

 

 

▪No.17;静岡県 撮影日:2016/01/12 撮影者:maeda

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.