ナガタチカマス

ナガタチカマス

▪No.10;小笠原諸島父島 底釣り 撮影日:2020/03/05 撮影者:maeda

学名Thyrsitoides marleyi Fowler, 1929
英名Black snoek
別名インザワラ(小笠原諸島)
分布相模湾,新潟県,土佐湾,富山湾,若狭湾,沖縄舟状海盆,九州-パラオ海嶺.台湾,インド-西太平洋.

 

形態・生態


体は焼き鉄色で、著しく長い。各鰭は黒っぽく、背鰭基底が長い。腹鰭は1棘5軟条で同じ科の魚たちと比べると顕著。頭部は比較的長く、下顎は上顎よりもかなり突出する。側線は2本で下方の側線は体側中央を通り、上方の側線は体側背面を通る。体側の皮下に(頭部から尾柄部にかけて)爪楊枝サイズの骨が八の字に入っている。この骨は顕著で外側から見ると皮膚が盛り上がって見える。深海性の大型種で食用になる。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2020 All Rights Reserved.