カゴカマス

カゴカマス

個体A 駿河湾 底引き網 撮影日:2018/02/23

学名Rexea prometheoides (Bleeker, 1856)
英名
別名サビ
分布相模湾・新潟県以南の日本各地.東シナ海,朝鮮半島,台湾,中国,インド-西太平洋.

 

形態・生態


体は銀色でクロタチカマス科の中ではずんぐり系。側線は胸鰭上方で2本に分岐し、一本は体側中央まで急降下する。腹鰭は退化的。皮は薄く傷つきやすい。水深135~540mに生息する。

 

 

利用・食味


主に底引き網で漁獲される深海魚。大きなものは利用されているが、10㎝程の小さなものは破棄される。値段はやや安い。脂のノリがよく美味であり、クロタチカマス科の中では比較的骨が柔らかく食べやすい。

 

 

カゴカマス▪個体B 愛知県蒲郡市 底引き網
撮影日:2017/09/17
カゴカマス▪個体C 宮崎県延岡市 底引き網
撮影日:2019/02/13

 

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.