クロシビカマス


学名Promethichthys prometheus
英名Bermuda catfish
別名スミヤキ、エンザラ、サビダチ、サビ、トッパタ、ナワキリ、ダツ
分布福島県南部沖,相模湾〜九州南岸の太平洋沖,山陰・隠岐,東シナ海,天皇海山.

台湾南部,インドー太平洋・大西洋の暖海域.

 

形態・生態


体はやや細長く、一様に黒い。腹鰭はあるが、とても小さい。歯が鋭く、特に上顎中央のものは長い。側線は1本で、胸鰭上方で大きく下へ曲がる。水深100~750mに生息。トッパタ(神奈川県沿岸)、スミヤキ、エンザラ、サビダチ(静岡県沼津市)、ナワキリ、ダツとも呼ばれる。

 

 

利用・食味


釣りなどで漁獲され、産地周辺では普通に見られる魚。値段は少し高い。脂の乗りが非常に良く、身に強い旨味がある。小骨が多いため調理に工夫が必要。生で食べるならネギトロのようにするか、細切りにする。また、加熱する場合は丸のまま中骨に向かって骨切りをしてから調理する。

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.