サガミハダカ

 
  2022/02/03
サガミハダカ

▪No.447;相模湾沿岸 たも網 撮影日:2016/12/10 撮影者:maeda

学名Diaphus chrysorhynchus Gilbert & Cramer 1897
英名Sagami headlightfish
別名
分布千葉県海外域~土佐湾の太平洋沖,東シナ海大陸斜面域.台湾東部,南シナ海南西部,ハワイ諸島~光孝海山、オーストラリア北東岸・西岸,ニューカレドニア.

 

形態・生態


眼前上部発光器(Ant)を持つ。鼻部腹側発光器(Vn)は長く、眼の下縁を通る。尾鰭両葉の後端は黒い。背鰭は16~17軟条。昼間は水深400~600m、夜間は190m以浅に生息する。

 

 

利用・食味


底引き網、定置網、サクラエビ漁などに混ざる。鮮度の良いものはそのまま生で食べることができる。

 

 

▪No.856;65.7mm 神奈川県二宮沖 定置網 採集日:2021/06/14 撮影日:2021/06/16 撮影者:maeda

 

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.