サガミハダカ

サガミハダカ

相模湾沿岸 タモ網 2016/12/10

学名Diaphus chrysorhynchus
英名Sagami headlightfish
別名
分布千葉県海外域~土佐湾の太平洋沖、東シナ海大陸斜面域。

台湾東部、南シナ海南西部、ハワイ諸島~光孝海山、オーストラリア北東岸・西岸、ニューカレドニア。

 

形態・生態


鱗はギラギラで体はキラキラしている。鼻部腹側発光器(Vn)は長く、眼の下縁を通る。尾鰭両葉の後端は黒いことなどが特徴。昼間は水深400~600m、夜間は190m以浅に生息する。

 

 

利用・食味


底引き網やサクラエビ漁に混ざる。身に脂を多く含んでいてため軟らかい。鮮度の良いものはそのまま生で食べることができる。

 

 

Copyright© フィッシュズカン , 2016 All Rights Reserved.