ハダカイワシ


学名Diaphus watasei
英名
別名ストリップ、ヤケド、ヤケドイワシ
分布青森以南,沖縄.台湾,オーストラリア,インド洋.

 

形態・生態


鱗は極めて剥がれやすく、漁獲された時には既に鱗がない場合が多い。側線鱗は比較的剥がれにくい。生時・鮮時は体が灰色っぽいが、時間が経つとピンクがかった肌色になる。和名の由来は鱗が剥がれた姿から。尾鰭両葉の後端は黒くなく、鼻部腹側発光器(Vn)はほぼ三角形で、眼の左下にポツンとある。

 

 

利用・食味


底引き網や定置網(小型)で漁獲され、一部地域では食用にされている。干物や素焼き、鮮度の良いものは刺身で食べると美味しい。別名 ストリップ、ヤケド、ヤケドイワシ

Copyright© フィッシュズカン , 2017 All Rights Reserved.